トロフィーは飾って置きやすいしゃれたデザインがいい

デザインに難ありだと飾れない

せっかくもらったものだから、できればトロフィーはインテリアの一部として飾っておきたいのですが、ちょっとそれは無理かも、と思うデザインのものもありますよね。あんまり個性的なものもどうかと思うし、キャラクター臭が強いデザインもちょっと飾るのには適さないと思います。かと言って、カップ状の普通のものも、金ぴかだったりすると目立ち過ぎますし、飾りたいのはやまやまだけど、と思いつつ、物陰にしまってしまったり、なんてこともあります。

シルバー系だと飾りやすい

地域にもよるんでしょうけど、モノトーンの室内が多くなっているとは思うので、シルバー系の色あいだとインテリアにマッチし、周囲とも違和感なく溶け込み、飾りやすいとは思いますね。あまり大きすぎないってことも大事だと思います。ずっと飾り続けるという面では。鋭角的な飾りのついた彫刻風のだとなおいいと、個人的には感じます。それだと受賞、トロフィー贈呈場面であんまり盛り上がりませんかね。もらう方としては、デザインや色が好みな方がいいのですけど。

重厚長大がベストでもない

トロフィー贈呈の時は、重厚長大なトロフィーの方が盛り上がるんでしょうけど、もらった方も扱いがたいへんだろうな、なんて見てて思うこともあります。好みは人それぞれですから、そういうのを好んで家の中で飾って置く人もいるんでしょうけど。あと、何のトロフィーなのか一目瞭然って感じでシンボリックなのも、行き過ぎると美的にどうなんだろう、と思うこともあります。その方がむしろいい、そいう意見も多いのはわかりますが、室内で飾るには・・・と思う人もいるわけです。

トロフィーとは、スポーツの大会や芸術の表彰で、優勝した人に授与されるものです。様々なデザインや大きさのものがあります。

未分類カテゴリーの記事