プライバシーを守るためにするべきこととは

プライバシーの権利とはなにか

最近の社会ではプライバシーを守ることがとても重要な要素になっています。まずプライバシーとは他人には知られたくない個人の情報のことです。プライバシーの権利はその個人の情報を漏らさないように対策することを言います。現代社会ではインターネットやSNSが発達したことで、個人情報を完全にコントロールしていくのが難しくなりました。また、逆に企業などではこのプライバシーの権利が重要視され、セミナーや研修も行われています。

プライバシーを守るためには

私たちが自分のプライバシーを保護するために気を付けることは、掲示板やブログに個人が特定できるような自分の情報を書き込むのを避けることです。特に他人が管理している掲示板だと管理人に削除依頼を出さない限り書き込みは中々消えないことがあるので注意が必要です。また、個人情報の会員登録が必要なものも気を付けなければいけません。その登録するサイトが少しでも信用ならないものだと思ったら使用を避けた方が良いでしょう。

他人のプライバシー侵害について

自分だけではなく他人のプライバシーについても大切にしなければなりません。特に最近トラブルになりやすいのはSNSの写真掲載です。SNSで写真を公開するときは、必ず一緒に写っている人に許可をもらってから公開しましょう。また、自分で働いている職場先でもお客様の個人情報を勝手に外に公開したり、連絡をしてしまうのもNGです。それはどのような雇用形態でも同じで、アルバイトやパートであってもお客様の個人情報を丁重に扱わなければなりません。

シュレッダーは、ストレートカットやクロスカットなどいろいろな切断の方法があります。プライバシー保護や、情報漏洩防止の目的で使用されます。

未分類カテゴリーの記事