集客力を高めるためのweb制作における考え方!その秘伝書をこっそり教えよう!

訪れるユーザーは何しに来ている?

web制作を行なって運営する人の中には、統計学的に物事を考える人がいますよね。アクセス数が100とした場合、サービスの利用が1人だとすれば、アクセス数が200になれば、サービスの利用が2人になると言う様な考え方です。同じキーワードで訪れていた場合、1人にはマッチする様な内容であっても、99人に対してはマッチしていないコンテツを提供している可能性がありますよね。ユーザーが何を目的にキーワードを利用しているのかを考え、そのキーワードを重点的に扱ったコンテツ作りが大切であり、ページを見た瞬間にキーワードと合っていると判断をすれば、じくっりと読んでもらえる可能性がありますよ。

ユーザーは常に比較している考え方

実際の店舗などでサービスを利用する場合、その店舗からしかサービスを利用できなければ多少サービスが悪くても利用しますよね。同じサービスを提供している実店舗が近くにあれば、比較をしてより良いサービスを提供している店舗を選ぶと言えますよ。当たり前の様な話しですが、インターネット上でも同じ事が言えまして、ユーザーが訪れるのは他のwebサイトと比較をしている中で訪れている可能性があります。web制作を行う場合は、ユーザーが起こすだろうと言う行動を予め考え、競合サイトを探し、そのwebサイトよりも魅力的なコンテツを作り上げて行く事が重要と言えるでしょう。

webサイトを現す色を考えよう

色の効果について余り知らない人の中には、好きな様に色を扱ってweb制作を行う人もいますよね。色からwebサイトのイメージが湧き上がる様な内容であれば、他の場所で同じ色を見る事によって記憶に想起されるかもしれませんよ。全ての色を同じ色にすると、素人が作った様なwebサイトになってしまうため、タイトルの名前とワンポイントの場所に同じ色を利用したり、ヘッダーやフッターの背景と一部の枠の色を同じ色で扱う手法などがあります。webサイトを現す色を考える場合は、webサイトを見る時の人の目線を考え、その目線上に現れる様な色の使い方がポイントと言えるでしょう。これは、普段からホームページを頻繁に見ている人にとっては、直ぐにその場所を見つける事も容易ですよね。

web制作のコツを覚えたい場合には、コンピュータに関連する書籍を購読したり、経験者のアドバイスを参考にしたりすることが有効です。

未分類カテゴリーの記事